交通事故による足の痛み

文責:院長 柔道整復師 河合 隆智

最終更新日:2021年03月04日

1 なぜ交通事故に遭ったときに足が痛むのか

 交通事故に遭い、地面などに足をぶつけたような場合や、挟まれてしまったような場合、足が痛むことはそこまで不思議なことではありません。

 ですが、中には「どこにもぶつけていないはずなのに、足が痛い」という方もいらっしゃいます。

 この場合、どのような原因が考えられるのでしょうか。

 一つの原因として考えられるのは、筋肉の過剰な緊張です。

 お車に乗っていて交通事故に遭ったような場合、直前に急ブレーキをかけたり、衝撃に備えたりして、足に力が入っている可能性があります。

 また、自転車に乗っていた方や歩行者の方などの場合も、やはり身構えたり、転倒しまいと衝撃に逆らう形で力を込めたりすることで、筋肉が過剰に緊張することがありえます。

 このように筋肉が緊張すると、筋肉が硬くなってしまい、そこから血流の悪化や神経の圧迫などが生じ、痛みが出ることがあります。

2 足の痛みは接骨院にご相談ください

 筋肉の緊張により足が痛む場合、骨折と異なりレントゲンには写らず、検査で発見しにくい場合があります。

 そのため、原因がわからない痛みにということでご不安に思われている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 そのようなときは、接骨院にご相談ください。

 接骨院では、主に触れたり動かしたりといった検査により、筋肉などお身体の深部に潜む痛みの原因を探ります。

 交通事故の場合、筋肉の緊張のほかに、全身に歪みが生じていることもありえます。

 当院では、痛みが出ている箇所だけでなく、全身について検査を行い、影響を細かくお調べしています。

 筋肉の緊張による痛みは長引きやすいため、根本原因に的確なアプローチをかけて早期・根本改善を目指すことが重要です。

3 こめ接骨院の足の痛みに対する施術

 当院では、筋肉をほぐして早期に痛みを解消するだけでなく、それをぶり返させないための施術を行っています。

 電気と手技を組み合わせ、お一人おひとりに合わせたアプローチを行い、その人にとって最適と考えられる施術をご提供するよう心がけています。

 交通事故に遭い足に痛みが出ている方、交通事故による足の痛みがどこに行っても改善しなかった方は、当院までご相談ください。

PageTop